2011-04-02

3年5ヶ月で3回も変わるVAT料率

昨日、2011年4月1日、英国のVAT料率が変わりました。

実はこのところ、英国では何度もVAT料率が変わっています。例えば、2008年の11月30日に17.5%だった料率が、2008年12月1日より15%、2010年1月1日に17.5%、2011年4月1日に20%と目まぐるしく変わっています。つまりわずか3年5ヶ月程の間に3回もVAT料率が変わっています。

弊社では最新のVAT料率を絶えずチェックしています。なぜかというと、弊社は多くの欧州国内での税務登録(VAT登録)や税務申告(VAT申告)に関わっているからです。

欧州VAT法では、インボイス(請求書)の細かい要件が記されています。そしてこの中には当然のように、VATの料率も含まれています。そのため、適切なインボイス形式のためには最新のVAT料率が必要となってくるからです。

当社は付加価値税に関する専業コンサルティング会社であり、当該分野は絶えずウォッチしているのですが、3年5ヶ月で3回も変わるのはちょっと頻繁すぎると思います。