英国VAT還付の期限が迫ってきました(2016年11月30日まで)

英国VAT還付の期限が迫ってきました(2016年11月30日まで)

英国の還付期限が迫ってきました 企業がグローバルに経済活動を行う中、海外企業などから様々な税が課税されています。 その一つの例が欧州VAT(付加価値税)です。VATはValue Added Taxの略で、日本の消費税同様の間接税です。欧州VATは適切な方法で期限内に還付処理を行なうことで還付する事が可能です。欧州VAT還付は貴社が本来得られるべき利益(逸失利益)の回復となります。...
クライアント様へのサポートの充実へ

クライアント様へのサポートの充実へ

オプティではお客様へのサポートと顧客満足度を最重要のKPIと位置づけています。このため、今般、お客様用のサポートサイトをローンチ致しました。こちらでは、当社の顧問先の企業様への専用アクセスページの他、顧問先以外のお客様もご利用頂ける内容となっています。...
東芝株式会社にて国際税務セミナーを開催

東芝株式会社にて国際税務セミナーを開催

2014年3月4日、『国際税務セミナー』を東芝株式会社様で開催させて頂きました。 当日は青山学院大学佐藤教授と共に国際税務戦略に関して、海外営業・海外購買にとって実務上必要とされる直接税・間接税の様々なスキーム、及び確実なコスト削減策(旅行代金、輸出入関連費用、業務委託費、各種費用)のご紹介を致しました。...
貴社の欧州への輸出コストを合法的に削減できます

貴社の欧州への輸出コストを合法的に削減できます

当社では欧州地域において、特別なスキームをご用意することにより、貴社の欧州への輸出コストを合法的に削減致します。輸入の際の付加価値税等、輸入する物品によっては億円規模のコストが掛かります。 フォワーダーや物流会社から請求されるこれらの税務コストを当社コンサルティングにより、最大25%-30%程削減することが可能です。 大手企業でも続々導入されている当該サービスを是非ご検討くださいませ。 対象企業 フォワーダーや物流会社が請求する通りに現地の輸入関税を支払っている企業 年間の欧州への輸出が3000万円以上の企業 商社/製造業 対象国...
輸入VATの削減

輸入VATの削減

欧州での「輸入」コストの削減 日本から欧州へ物品を輸出した場合、特にDDP条件での輸出の場合これらの付加価値税コストを削減することが可能です。 DDP輸送とは、輸送に掛かる各種コストは全てシッパー(出荷)側が負担するという取組みです。 このようなDDP条件での輸送の際に掛かるのが、現地での関税や付加価値税となります。 当社ではこれらのコストを削減するコンサルティングを行なっています。 なお、DDP取引についての資料としては下記資料を御確認願います。(弊社執筆) 【事例E】DDPによる日本からEU域内への輸出...