イギリスのサービス業における付加価値税の見直しが求められる

サービス業における付加価値税の低減

イギリス国内のサービス事業者は、保守党の下院議員40人に対して、EU(EU)脱退に伴う国内サービス業における付加価値税の見直し、税率の引き下げを求めた。

イギリスのサービス業における付加価値税の見直しが求められる 1295a05c3ed0c48f1313c22f264cda5166

EU加盟国に対する付加価値税の義務化

現在、全てのEU加盟国が付加価値税の導入が義務付けられ、欧州理事会により、付加価値税の税率は下限15%と定められている。

現在のVAT制度では、レストランなどの外食、温かいテイクアウト食品には付加価値税が上乗せされる。一方、スーパーマーケットの惣菜など冷たい食品には付加価値税が掛からないという。

EU脱退とイギリス国内のサービス業

消費者マインド・消費意欲は、外食の程度・度合いと強い相関関係にある。パブやレストランなどのサービス業は経済状況の目安となる指針とされ、経済成長の原動力となる。

そのため、バーやパブ、レストラン事業者は、イギリス独自のVAT制度を構築する必要があると主張する。新たなVAT制度のもと、外食産業などサービス業に対する付加価値税の税率を引き下げることにより、市場拡大と雇用促進が見込まれる。

(画像はイメージです)

▼外部リンク

BIG HOSPITALITY
http://www.bighospitality.co.uk/

MORNING ADVERTISER
http://www.morningadvertiser.co.uk/

eatout
http://eatoutmagazine.co.uk/