ゴア州政府はガソリンの付加価値税を減税

今月23日、インド自民党(BJP)が率いるゴア州政府(インド)は、来年初頭にもガソリンにおける州付加価値税の税率を15%から9%へ引き下げると発表した。

ガソリン付加価値税の引き下げ

今月23日、インド自民党(BJP)が率いるゴア州政府(インド)は、来年初頭にもガソリンにおける州付加価値税の税率を15%から9%へ引き下げると発表した。

これまで、ゴア州政府は、1リットルの価格を60ルピー前後にて保つ為、ガソリンの州付加価値税を減税してきた。今回は、過去4年半の間にて3回目の減税となる。ゴア州では、州政府の規定により、ガソリン価格が60ルピーを上回ることが禁止されている。

ゴア州政府はガソリンの付加価値税を減税 ゴア州政府はガソリンの付加価値税を減税 126b23f0d9f09371f45823669813f969f9

ガソリン州付加価値税の変遷

マノハール・パリカール(Manohar Parrikar)氏が率いたゴア州政府は、2012年以降に選挙公約を果たし、ガソリンにおける州付加価値税(22%)を廃止した。そのため、ガソリン価格は1リットルあたり11ルピーまで下落した。

その後、2014年、ラクスミカント・パルセカー(Laxmikant Parsekar)氏は、首相として、ガソリンの州付加価値税を2012年以前の税率へ戻した。

(画像はpixabayより)

▼外部リンク

The Indian EXPRESS
http://indianexpress.com/

NDTV
http://www.ndtv.com/

Business Standard
http://www.business-standard.com/