バングラデシュ、一部品目のVAT税率を変更

 

バングラデシュ、2017年度予算案採択

バングラデシュでは、6月に2017年度新予算案が採択されたが、一律15%の税率を適用する新VAT法については、準備不十

バングラデシュ、一部品目のVAT税率を変更 バングラデシュ、一部品目のVAT税率を変更 1227a39a6b3666ec49fceed01c715de222

分として、導入がさらに1年先送りされ、2017年7月施行となった。

なお、バングラデシュの会計年度は7月~翌年6月末であり、2017年度は2016年7月から2017年6月末までとなる。

バングラデシュのVAT

バングラデシュでは、物品の販売、サービスの提供に際して、原則として15%のVAT(付加価値税)が課税される。

ただし、2012年付加価値税及び補完税法(VAT and Supplementary Duty Act 2012)では、特定品目・サービスにおいて、VAT免除あるいは軽減税率の適用が定められていた。

一部品目のVAT税率を変更

新VAT法の施行は翌年度に先送りされたが、これに先立って、軽減税率適用品目の一部について、税率が変更されている。

主なものとして、二輪車のVAT免除の終了、修理:7.5%→10%、建設:5.5%→6%、輸送:7.5%→10%、オフィス賃貸:9%→15%(※ただしIT企業のオフィス賃貸にかかるVATは免税)などが挙げられる。

また併せて、携帯電話サービスへ課される補足税が、3%から5%に引き上げられている。

▼外部リンク

Dhaka Tribune
http://archive.dhakatribune.com/