medium_211239773

 

海外出張経費最適化

多くの日本の企業にとって海外出張に関して、積極的なコスト最適化は実施されていないのが現状です。しかし反面、昨今企業の経済活動がよりグローバルに推進される中、日本企業が海外に出張する例はより多くなってきており、この分野でのコスト最適化は必然的であると言えます。

弊社では様々な提携企業と共に貴社の海外出張経費の最適化をご提案します。

グローバルプラクティスの確立

当社では国内大手旅行代理店と共に、貴社の出張に関する様々な取り決めについてルール作りをします。その際に、税務面において必要とされる様式の確認や情報の徹底を盛り込みます。

また、世界で多くの拠点を有する会社であれば、旅行サービスに関するシェアードサービスをご利用頂くことにより、管理面でのコスト削減と業務改善を実現する事ができます。

 

税の最適化/最小化

欧州付加価値税還付を初めとして海外の税務コストは様々な方法にて削減することが可能です。当社では貴社の旅行に関する実態を確認した上で、最適な税務最適化策をご提供します。

参照)欧州付加価値税還付


システム導入

税の還付のメカニズムだけでは全てのインボイスを綿密に調査し、削減出来る最大値を確認することは出来ません。また大手企業であればどの企業でも、実務上様々な制約事項が発生します。

この解決策の一つとなるのが旅行経費管理システムの導入です。旅行経費管理システムの導入により、税務面でのコスト削減だけでなく、管理面での業務改善を実現出来ます。そしてこの結果、コストの削減とコンプライアンスの遵守を同時に実現する事が出来ます。

詳しくはお問い合わせください。


ターゲット企業

当該旅行経費最適化のターゲットとなる企業は下記の通りです。

  • 上場企業、または売上50億円以上の企業 または
  • 海外出張の頻度がとても高い企業(最低年間1000万円以上)
  • 海外にて物品の購入等を行っている企業
  • 海外に駐在員事務所を保有している企業

詳しくはお問い合わせください。