米国AmazonのFBA倉庫利用の際の税務処理

AmazonのFBA倉庫利用の税務

昨今、AmazonやEbayを利用しての「Amazon輸出」、いわゆる日本の企業や個人によるAmazon.com上での物品販売が盛んです。

物流業者曰く、海外で仕入れて日本で販売する、いわゆる「Amazon輸入販売」の方が規模が圧倒的に大きいとのことで、今現在は国内Amazonを利用して物品販売を行なっている事業者が多いのが現状です。

反面、米国のAmazon.comは日本のAmazon.co.jpと比べて9倍程の規模であり、桁違いの販売力と世界各地の消費者へのリーチ力があります。このため、米国のAmazon.comを使っての物品販売は適切な戦略であり、この分野にもどんどん販売者(Seller)が増えています。

販売者の多くは中小企業であったり、個人であったりするので、現地の税申告をあまり考えていない場合が多く見受けられます。しかし、実際は米国のAmazon.comでの物品販売においても、国際間接税の対象となる点を注意する必要があります。特にAmazon FBA倉庫を利用して販売している方は注意が必要です。

Amazon FBA倉庫の州での売上税登録が必要

amazon fba倉庫 米国AmazonのFBA倉庫利用の際の税務処理 medium 11309229846 230x130

Amazonのサービスには、FBAというサービスがあります。このFBAとは、「Fulfillment by Amazon」の略で、Sellerが売りたい物品をAmazon.com が指定する倉庫(Amazon FBA倉庫)に一度配送すれば、出荷管理や顧客対応(*1)はAmazonが代行するという画期的なサービスです。

FBAサービスはわずか数千円レベルで利用できるため、日本から米国のAmazonで物品を販売しているSellerの多くが使っているサービスです。全米で圧倒的な販売力を有するAmazonは、全米各地にAmazon FBA倉庫を張り巡らせています。(下記参照)

しかし、このように便利なAmazon FBA倉庫ですが、税務上の観点では多少面倒なことが発生します。それが、「売上税の申告」です。

売上税とは、米国で採用されている日本の消費税同様の間接税で、各州毎に取り決めがあります。そして多くの州では、「Amazon FBA倉庫の利用」「物品の保管」「倉庫の利用」などの行為が、現地での課税行為に該当するとされています。なお、Amazonの提供するFBA倉庫の他に、他社が提供する倉庫、自社でレンタルした倉庫なども同様の取り扱いとなりますので注意しくてください。

当社では米国売上税の登録や申告を支援しております。もし詳細なお見積もりが必要な場合、お気軽にご連絡くださいませ。

(*1)FBAでは、商品の発送などに関する質問は受け付けますが、商品自体についての質問は受け付けていません。

米国売上税・使用税コンサルティング

欧州Amazon販売はVAT登録が必要

欧州でのAmazon販売についてはVAT登録が必要となります。当社では貴社のAmazon販売に掛かるVAT登録をご支援させて頂きます。

詳しくは下記のビデオもご確認くださいませ。

 

海外向けECサイトを立ち上げた際に陥りがちな6つのミス