デジタル製品についての課税

現在、世界では様々な革新的なサービスが生まれております。また、デジタルトランスフォーメーション(DX)と呼ばれる、デジタル化へのシフトが進んでいます。UBERやAirBnBがタクシー業界やホテル業界に大きな影響を与えたように、今までのルールとは異なるルールで競合会社が発生します。

デジタル製品についての課税

現在、世界では様々なデジタルサービスが世界で利用されています。その一方でこれらのサービスが国際間接税の観点でどのように課税されるかはあまり議論されていません。このため、デジタル製品についての課税について、無頓着な企業が多いと感じられます。

間接税の観点では、これらのサービスが課税されるのか、課税されないのか、また徴収義務は誰なのか、またそもそもどのようなサービスを「デジタルサービス」と定義されるのか、と様々な情報を複合的に確認する必要があります。

ウェブサイトで何らかのE-BOOKをダウンロードさせるようなサービスやストリーミングサービスはまさにデジタルサービスであると簡単に判断ができます。その一方で、UBERやAirBnBなど、物とITが密接に接続するようなサービスの場合、現地の税法と照らし合わせて何が該当する役務提供なのかを判断する必要があります。

従来の直接税的なアプローチであれば、「サーバの所在地」をPEとして認定しておりました。しかしデジタルサービスの場合は単なる直接税法的なアプローチ以外に間接税の観点からもチェックが必要となります。このため最新の注意が必要です。

例えば下の図では、米国でのデジタルサービスでの課税州と非課税州を表しています。これは例えば、日本企業がこれらの課税州にてデジタルサービス販売を行なった場合、現地での売上税登録及び売上税の徴収義務が発生します。

また、EUの場合、EU域外事業者による電子的なサービスの供給の場合には、顧客所在地での課税を行う必要があります。すなわち、フランスの消費者に販売する場合フランスでの付加価値税を徴収する義務が発生し、ドイツの消費者に販売する場合、ドイツでの付加価値税を徴収する義務が発生します。

上手に示すように欧州の付加価値税率は高率であり、頻繁に変わります。このため、貴社の販売システムにもこれらの税率を絶えず反映させる必要があります。

DX(デジタルトランスフォーメーション)の時代に

デジタル製品についての課税 デジタル製品についての課税 129bf9c056f881727411a52791dd0edb53

現在、世界では様々な革新的なサービスが生まれております。また、デジタルトランスフォーメーション(DX)と呼ばれる、デジタル化へのシフトが進んでいます。UBERやAirBnBがタクシー業界やホテル業界に大きな影響を与えたように、今までのルールとは異なるルールで競合会社が発生します。

加えて、KOMATSUが提供するコムトラックスのサービスのように、今まではモノの会社であっても、サービスも同時に提供する会社も増加しています。このような場合に国際間接税の問題は切り離せない問題です。

当社では貴社のデジタルトランスフォーメーションを税の分野から支援します。当社では欧州や米国などの課税分析・税申告・納税までを一本化します。ぜひ当社の国際間接税サービスをご利用くださいませ。