東芝株式会社にて国際税務セミナーを開催

200-200_Toshiba 東芝株式会社にて国際税務セミナーを開催 東芝株式会社にて国際税務セミナーを開催 200 200 Toshiba

2014年3月4日、『国際税務セミナー』を東芝株式会社様で開催させて頂きました。
当日は青山学院大学佐藤教授と共に国際税務戦略に関して、海外営業・海外購買にとって実務上必要とされる直接税・間接税の様々なスキーム、及び確実なコスト削減策(旅行代金、輸出入関連費用、業務委託費、各種費用)のご紹介を致しました。

企業の経済活動がグローバルになるにつれて、グローバルでの経済活動に即した税務処理が求められています。当社では、ジェトロでの4年間に亘るコンサルティング業務対応を含め、様々なケースに関する税務コンサルティングを実施してまいりました。この結果、欧州地域におけるグローバル企業向けの税務ソリューションを数多く取り揃えております。

当該分野において、たとえ大手フォワーダーや大手商社であっても税務上の取扱いが間違っている事例を数多く見ております。

「転ばぬ先の杖」ではありませんが、欧州ビジネスにおけるコンプライアンス遵守のため、是非当社国際税務セミナーをご検討願います。