新年から米国7州でガソリン税引き上げ

2017年1月1日より、米国の7州でガソリン税が引き上げられることになった。 ニュージャージー州では、ガソリン税が今年23セント引き上げられた。ガス価格が低いために、道路整備などに資金が不足していることが原因だ。

ガソリン税値上げ

2017年1月1日より、米国の7州でガソリン税が引き上げられることになった。

ニュージャージー州23セント増

ニュージャージー州では、ガソリン税が今年23セント引き上げられた。ガス価格が低いために、道路整備などに資金が不足していることが原因だ。

通常は年末にかけてガソリン価格は低下する。米国全土の平均では1ガロン(3.78541リットル)当たり2ドル29セントとなり、昨年のこの時期よりは29セント上回ることになるようだ。

しかし今回の値上がりは、ドライバーにとってはもはや驚きではないかもしれない。

そのほかの州では

ガソリン税が増加するのはペンシルバニア州、7.9セントの上昇でガソリン代は1ガロン当たり58.3セント。またミシガン州では7.3%で1ガロン当たり37.8セント、ネブラスカ州では1.5セントの増加でガソリン代は1ガロン当たり29.2セントとなる。

そのほかにもジョージア州、ノースカロライナ州、インディアナ州、フロリダ州でもわずかな増税が行われることになる。

(画像は写真ACより)

▼外部リンク

CNBC
http://www.cnbc.com/