英国政府、アマゾン・イーベイでVAT詐欺調査をすすめる方針

オンラインVAT、取り締まり強化 12月21日の報道によると、英国公会計委員会は、オンラインショップのVAT詐欺に対する調査を開始していると発表。海外トレーダーの取り締まり問題を受けての処置が進められている。

オンラインVAT、取り締まり強化

12月21日の報道によると、英国公会計委員会は、オンラインショップのVAT詐欺に対する調査を開始していると発表。海外トレーダーの取り締まり問題を受けての処置が進められている。

VAT損出は年間15億ポンド

オンラインメディア「ガーディアン」の調査により、オンラインショッピングのVAT不正詐欺の問題に関心が高まっている。

近年、アマゾンやイーベイにある多くの人気商品が、海外、特に中国からVATをつけず違法に販売されている。その結果、英国の小規模事業者が価格で競争できず、ビジネスに支障をきたしていることも事実だ。

オンラインショッピングによるVAT損出額は、年間15億ポンドにものぼるとされている。

アマゾン「企業の取り締まりは不可能」

財務省では、トレーダーの管理、不正詐欺の取り締まりを行わないウェブサイトに対し、税務局がVAT請求を施行できる権限を与えた。

税務局は新しい措置が成功しており、2015年に695だった海外トレーダーは、今年1月の登録で7185になっているという。

しかしアマゾンは、税務局にはこれまで通り協力するとしながらも、繰り返し「我々のコマンドではない、独立した売り手を取り締まる責任までは負えない」とコメントしている。

(画像は写真ACより)

▼外部リンク

theguardian
https://www.theguardian.com/

当社での取り組み

当社(オプティ株式会社)では、国際間接税の専門ファームとして、当該分野での様々な支援を行なっております。EUのVATにせよ、米国の売上税(Sales Tax)にせよ、現地での商品在庫保有及びE-commerceでの物品販売は課税対象となります。その場合現地の税務登録及び税務申告が必要となります。加えて売上税の徴収義務が発生します。

米国のAmazonの場合は、自社がどの州の倉庫またはFBA倉庫を利用しているのか、クライアントはどの州に居住しているのか、またクライアントは個人なのか法人なのかといった点を網羅的に判断する必要があります。これにより、どのように売上税を課税すべきかという税務戦略を設計できます。

同様にEUのAmazonの場合でも、どの地域の倉庫またはFBA倉庫を利用しているか、どの国のプラットフォームを利用しているかということを検討する必要があります。

是非当社のEC向けサービス間接税最適化プランをご検討くださいませ。

当社のサービスプラン

  • 事前の課税分析
  • 課税地判断、課税の是非の判断
  • 最適な倉庫地の選定
  • 税務エンジンの導入

関連記事

欧州委員会、企業間取引の付加価値税免除を提案