VAT還付額を事前に分析

VAT還付額分析

VAT還付額分析とは、VAT還付の際に、事前に無料分析を行い貴社の還付額を確認させて頂くサービスです。下記に内容を説明させて頂きます。

VAT還付とは

VAT還付とは、非居住企業による外国での経費発生の場合に、これら非居住企業がデッドライン以内に申請を行えば、外国での経費に掛かるVAT(消費税)が還付されるという制度です。当社では欧州28カ国の他、オーストラリア、韓国、また日本に至るまで45カ国もの国でのVAT還付を対応しています。

VAT還付は100%確実な利益創出策として、特に大手企業においてご利用されています。

VAT還付

VAT還付の問題点

100%コスト削減が可能なVAT還付ですが、面倒なことが多く、一度は採用してみたもののVAT還付をやめてしまった会社も多くあります。

ここではVAT還付にありがちな問題点をご説明致します。

大量の経費書類から書類抽出しなければならない点

vat還付 VAT還付額を事前に分析 danballVAT還付のためには、請求書であるインボイス(帳票書類)が必要です。大手企業ではこれらのインボイスの箱だけで百箱以上の段ボール箱が出てきます。

今まではこれらのインボイスの抽出は自社で対応する場合にせよ、専門の業者に依頼する場合にせよ、目検による全量調査、すなわちインボイスの段ボールを全て開いて還付出来るインボイスを確認していました。

この結果、大量の人員と長い書類抽出期間が必要でした。

VAT還付の書類抽出にもノウハウが必要な点

VAT還付には、還付できるインボイスと還付できないインボイスがあり、当然ながら還付できるインボイスのみを抽出する(=オーディットとも言います)必要があります。例えば、フランスでのホテル代に掛かるVATは還付が出来ませんが、食事代に掛かるVATは還付が出来るため、食事代に関するインボイスのみを抽出する必要があります。また、国によって書類の提出時期が違ったり、過去への遡及年数も異なっています。

このようにVAT還付の際のインボイス抽出には高度なノウハウが必要でした。

このため、インボイス抽出を自社で対応する場合、どの国のどのインボイスが還付出来るかといった情報を覚える必要がありました。

vat還付 VAT還付額を事前に分析 Fotolia 16114802 XS 1

書類抽出されたインボイスが何枚か分からない点

インボイス抽出を還付業者にお願いすると、手間が省けて簡単な反面、実際上はどの位のインボイスが本当に有ったのか分かりませんでした。また、還付業者の都合で、当初は少額のインボイスを含めて全量調査をするはずが、一定金額のインボイスのみ抽出されている例も多くありました。また、そもそも書類抽出は目検で調査するため、本当に還付出来る金額(潜在的なVAT還付可能額)が分からない状態でした。この結果、VAT還付が実際になされるまでどれだけの金額が還付されるかがさっぱり分からない状態でした。

当社のVAT還付ではVAT還付額分析を対応

当社のVAT還付は、これらVAT還付にありがちな問題点を全て解決しています。なぜなら VAT還付額分析により様々な業務を効率化出来るからです。この点が他社と大きく異なる点です。

還付金額や書類の数(段ボール数)が 事前に分かるので、人数を最少化できる

当社のVAT還付では、還付可能な書類の枚数や、還付可能な金額が事前に分かっています。このため様々なメリットを享受できます。

  • VAT還付額分析によりオーディット(インボイス等の書類抽出)に掛かる時間が大幅に短縮できます。
  • この結果割安なレートをクライアントに提供できるようになりました。
  • インボイスの金額によって書類抽出をしないといったことはございません
  • 詳細なデータと共に還付を行うので平均的に3ヶ月で還付可能。

伝票番号を元に書類を抽出するだけ

当社のVAT還付の場合、書類抽出のために還付可能な品目を覚える必要がありません。

  • VAT還付額分析の結果をもとに、経費番号を元に書類を抽出するだけです。
  • この結果、たとえ貴社が書類抽出を行う場合でも、伝票番号を元に書類を抽出するだけです。
  • また当社が書類抽出を行う場合でも、伝票番号を元に書類を抽出するだけです。
  • VAT還付のために人員を割かずに、貴社のコア業務に注力できます。
vat還付 VAT還付額を事前に分析 Fotolia 16114706 XS

消費税還付含め、45カ国でのVAT還付が可能に!

vat還付 VAT還付額を事前に分析 45オプティ株式会社では、欧州加盟国28カ国の他、スイス、オーストラリア、カナダ、韓国などを含む45カ国でのVAT還付が可能です。その中には、日本の消費税還付も対応しています。このため、日本に来日するグループ会社社員のトレーニング代や宿泊費など、様々な費用が還付対象となっています。

ITを駆使したスピーディ且つ網羅的なVAT還付を実現

オプティ株式会社では、スピーディなVAT還付を実現します。当社では様々なITツールを開発し、手作業中心であったVAT還付をより簡単に、より迅速に、より透明性を高く実現します。オプティ株式会社はFintec協会の会員であり、VISAカードとの連携を含めて様々な革新的な還付手法をお約束します。

VAT還付額分析に必要となる情報

オプティ株式会社では、貴社の経費データを分析し、還付額を事前に提示することが可能です。
その際に必要となる情報をお伝えします。

①取引日
②サプライヤー所在国
③貴社所在国
④経費の種類・経費コード
⑤通貨
⑥総額

【備考】
・可能であれば、①〜⑥の内容、及びタイトル行は英語にて記載願います。
・④の経費の種類はなるべく細かく入力頂けると幸いです。

VAT還付額分析の結果

VAT還付額分析ですが、当然ながら企業規模や海外との取引の多寡によって金額が変わります。下記に実際に当社が確認した還付額の分析結果を記します。

旅行経費 旅行経費以外
製造業A社 600万円 30億円
製造業B社 1000万円 180億円
製薬C社 200万円 10億円

このように、大手企業であれば、還付額分析だけでも非常に価値のあるものとなろうかと存じます。是非VAT還付額分析をご利用頂けますようお願いします。

VAT還付額分析なら

当社ではVAT還付額を無料で分析致します。まずはお問い合わせ頂けますようお願いします。

海外出張経費(T&E)に関する利益創出策のご紹介